Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相次ぐ不正アクセスによるHP改ざんで、利用者に注意を喚起 - 警察庁

警察庁は、不正アクセスによるホームページの改ざんが相次いで発生しているのを受け、利用者および開設者に十分な対策を実施するよう注意を喚起した。

サーバに不正に侵入してホームページの一部を改ざんし、一般ユーザーが閲覧した際に、不正プログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込むという事件が相次いで起きている中、同庁は利用者および開設者に対し、対応策を挙げて注意を促している。

利用者に対しては、閲覧しただけでは改ざんに気付くのは難しいとして、ホームページ閲覧時にもウイルスを検出できるウイルス対策ソフトを利用するよう求めている。また、ウイルス定義ファイルやOS、ブラウザを最新のものに更新することも必要だとしている。

開設者に対しては、不正アクセスの原因となるセキュリティホールや単純なパスワードに注意するとともに、ディレクトリやデータに不正なプログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込まれていないか、定期的に確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了