Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスキーソリューションズ、PCの不正使用を監視するセキュリティソフトを発売

アスキーソリューションズは、ネットワーク上のパソコンの不正利用を監視し、遠隔操作するセキュリティソフトウェア「デスクトップスカウト エンタープライズ版」のダウンロード販売を開始した。パッケージ版の販売は、5月27日より開始する。

同製品は、豪グローバルパトロールが開発した、LANやインターネット上のパソコンの使用状況を監視するセキュリティソフトウェア。監視対象となるパソコンのユーザーが使用したアプリケーションや閲覧したウェブページ、システム情報や使用時間、および入力した文字情報やスクリーンショットなどを記録し、管理できる。

また、ハードディスクや外部メディアへファイルを保存した場合、ファイル名、保存場所、時間などをログとして記録できる「ディスク操作ログ機能」を備えている。これにより、情報漏洩事故の抑止や原因究明が可能だという。価格は、1エージェント1万920円から。パッケージ版は、1万2705円となっている。

(Security NEXT - 2005/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追