Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスキーソリューションズ、PCの不正使用を監視するセキュリティソフトを発売

アスキーソリューションズは、ネットワーク上のパソコンの不正利用を監視し、遠隔操作するセキュリティソフトウェア「デスクトップスカウト エンタープライズ版」のダウンロード販売を開始した。パッケージ版の販売は、5月27日より開始する。

同製品は、豪グローバルパトロールが開発した、LANやインターネット上のパソコンの使用状況を監視するセキュリティソフトウェア。監視対象となるパソコンのユーザーが使用したアプリケーションや閲覧したウェブページ、システム情報や使用時間、および入力した文字情報やスクリーンショットなどを記録し、管理できる。

また、ハードディスクや外部メディアへファイルを保存した場合、ファイル名、保存場所、時間などをログとして記録できる「ディスク操作ログ機能」を備えている。これにより、情報漏洩事故の抑止や原因究明が可能だという。価格は、1エージェント1万920円から。パッケージ版は、1万2705円となっている。

(Security NEXT - 2005/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金