Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岩谷産業、再委託先で個人情報入りパソコンが空き巣被害に

岩谷産業は、LPガス遠隔システムの顧客情報の一部が業務委託先より漏洩したと発表した。

同社では、電話回線を利用したガスの遠隔監視システム「テレセーフ」を提供しているが、静岡県内にて同サービスを利用する一部顧客の個人情報が保存されているパソコンが業務再委託先より盗難被害にあった。個人情報保護法施行を受け、委託先より個人情報保護に関する誓約書を取り付けていた。

設置工事を担当する同社子会社のホームエネルギー静岡では、電話回線関連機器の設置工事をNTTテレコンに再委託しており、その下請けである日東電気において個人情報が保存されたパソコンの盗難事故が発生したもの。

日東電気では、ゴールデンウィークを休業としており、その間に事務所荒らしに遭ったという。保存されていた個人情報は、LPガスの利用者1228件で、氏名、住所、電話番号、工事内容が記載されていた。 口座番号などは含まれていな。

岩谷産業では、警察へ被害を届けるとともに業務委託先に調査を依頼。ホームページにて事件の経緯や詳細を公開している。また、LPガス販売店と連携し、顧客へ個人情報の漏洩の恐れがあることを連絡。不正請求といった二次的被害への注意喚起を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も