Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス被害件数は減少の傾向 - トレンドマイクロ4月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年4月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、今月のウイルス感染被害の総報告数は2347件で、先月の2704件から減少している。特に流行したウイルスはなく、亜種が次々に作成され、小規模な被害を与えてはすぐに収束するという状況が継続しているという。中でも10位の「WORM_MYTOB」は、国内での被害数はわずかだったが、4月に60種類もの亜種が発見された。

また、MSNメッセンジャーを介して侵入する「WORM_KELVIR」は、20種類以上の亜種が発見された。メッセージ内にURLが添付されており、これにアクセスすると不正なプログラム本体がダウンロードされる。本文は英語で書かれているが、今後は日本語のメッセージを使う可能性もあるため、注意が必要だとしている。

(Security NEXT - 2005/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正