Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムメールで集客し海賊版ソフトを販売 - 無職男性らを逮捕

大阪府警と福井県警は、「そふとはうす」の名称で大量のスパムメールを送り、パソコン用ビジネスソフトの海賊版を販売していた大阪市の無職男性ら2人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性らは、ソフト総合商社「そふとはうす」を名乗ったスパムメールを送って客を募集し、東京都内の会社員ほか5人に、ビジネスソフトの海賊版を通信販売した。同協会に寄せられた「そふとはうす」名のスパムメールに関する情報は、2003年1月から2004年11月までに延べ約6000件に達しているという。

これらの情報によると、ビジネスソフト数十タイトルと、市販の1割から2割程度の価格が記されたHTML形式またはテキスト形式のメールが、偽装アドレスから送信されていたという。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性