Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、みちのく銀行に行政処分の可能性 - 個人情報紛失事件で

金融庁は、みちのく銀行の個人情報紛失事件を受け、個人情報保護法に基づいて厳正な対応を行っていく方針を示した。

五味金融庁長官が25日に行われた記者会見で明らかにしたもの。同法律の施行に伴い、個人情報の漏洩、滅失、毀損などの防止に万全の対応が求められる状況になっていると述べ、大量の個人情報の紛失事故について「大変遺憾」と語った。

また、事実関係を確認した上で、個人情報保護、個人情報管理体制に問題があるとされた場合、同庁が監督上の対応を行うとしている。

また、今回漏洩事件がメディアの紛失だったことから、同庁にいて発生したフロッピー紛失事件についても触れ、同庁における再発防止の取り組みを緊張感を持って進めなければいけないということを切実に感じたと語った。

(Security NEXT - 2005/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
サイトに脆弱性攻撃、会員メールアドレスが流出した可能性 - マリンネット
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性