Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーシャンブリッジ、文書ファイルにセキュリティ対策を施すソフトを無償公開

オーシャンブリッジは、文書ファイルを、コンテンツセキュリティ技術「Visual Rights」を埋め込んだ「CSF」ファイルに変換するソフトウェア「Net-It Now」日本語版の無償ダウンロードを開始した。

同ソフトは、Microsoft OfficeやAdobe PDFをはじめとする、印刷可能なあらゆる文書ファイルおよび画像ファイルを、各種セキュリティ設定を付与したCSFファイルに変換するもの。閲覧パスワードの設定、印刷やテキストコピーの禁止、閲覧可能期限の設定、および表示用透かしの設定などが可能。

また、CSFファイルはPDF、TIFF、CSFに対応した無料ビューア「Brava! Reader」で表示することができる。ソフトはいずれも、同社ウェブサイトより無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開