Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が個人情報を業者へ提供 - 千葉市

千葉市職員が民間業者に対し個人情報を提供していたことが14日に明らかとなった。

産業廃棄物処分場の建設を巡り、民間業者に対して反対する住民の個人情報6件を同市係長が提供したもの。民間業者はリストを利用し、住民に対し反対を制する文書などを送付したという。

同市では、住民に対して直接謝罪したという。また、個人情報保護条例に違反する可能性もあり、市が調査している。

(Security NEXT - 2005/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇