Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重の県立高校、PC盗難で生徒の個人情報流出の可能性

三重県教育委員会は、県立津工業高等学校の生徒指導室から、生徒の個人情報が保存された教師用パソコン1台が盗難に遭ったと発表した。

同発表によれば、4月9日午前11時ごろ、生徒指導室の窓ガラスが割られパソコンが盗まれていることに気付き、ただちに警察へ通報した。パソコンには、パスワードが設定されているという。

盗難に遭ったパソコンには、生徒197名分の数学の成績データや、電話番号、進路データといった個人情報が保存されていた。同高校では、臨時のPTA役員会および緊急の全校集会を実施し、経過と今後の対応について説明をするとしている。

(Security NEXT - 2005/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多