Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F1観戦チケット購入者の個人情報が流出した可能性 - クレジットカード情報も

鈴鹿サーキットランドは、F1日本グランプリ観戦券発売の際、携帯サイトから購入した29名の顧客情報が、一時的に他の顧客により閲覧可能となる状況が発生したと発表した。

同事象は、券売開始日の4月3日午前10時から午後6時30分までの間、携帯電話からチケットを購入している顧客の入力画面が、他の顧客により閲覧できる状態になったというもの。原因は、チケット発売のための携帯用簡易画面作成時に、担当者が誤ったアドレスを入力したことによるものだという。

流出した可能性がある情報は、同時刻中にチケット購入画面を開いていた29名の名前、住所、電話番号、およびクレジットカード番号など。同社では、被害に遭った顧客に対して、電話と文書により謝罪、事実説明を行うとともに、同一時間帯に同サイトからチケットを購入した顧客全員に、購入情報の確認を行っている。

(Security NEXT - 2005/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ