Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、インターネット治安情勢を更新

警察庁は、2005年2月度のインターネット治安情勢を公開した。

2月度のファイアウォールにおける検知件数は約63万5500件で、前月と比較し約30%と大幅に増加した。6129番ポートの一時的な急増が観測された同時期に、ボットネット観測システムにおいて、同ポートを使用する指令を検知しており、ボットネットを利用した攻撃の可能性があるという。

一方、12月にWindowsのWINSに関する脆弱性の公開以降増加していた42番ポートのアクセスが先月に引き続き増加傾向にある。また、4899ポートを使用するFamatechのWindows用遠隔管理ソフトウェア「Remote Administrator」を標的にしていると推測されるアクセスは、先月に比べて約30%減少した。

そのほか、8日に発表されたMSN Messengerの脆弱性を標的とする攻撃コードがインターネット上で公開されたことや、電子メールを媒介とするMydoomウイルスの亜種が発生していることなど、同庁では注意を促している。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査