Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語学習教材CDの海賊版を「おまけ」として出品 - 会社員男性を逮捕

愛知県警は3月8日、オークションサイトを介して英語学習教材CDの海賊版を販売していた会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によれば、男性は、2003年10月28日ごろから2004年3月29日ごろまでの間、アリスコーポレーションが著作隣接権を持つ英語学習教材「マジック・リスニング」を無断複製したCD-R計3枚を、ヘッドホンの「おまけ」として3人に通信販売していた。

同協会によれば、逮捕に先立って行われた被疑者宅の家宅捜索では、パソコン1台、ハードディスク2台などのほか、正規品の「マジック・リスニング」一式などが押収されていたという。

(Security NEXT - 2005/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件