Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、PCの不正使用を防止するUSBキーの多機能版を発売

コクヨS&Tは、パソコンの不正使用を防止するUSB認証キー「FILSAFER KEY」の多機能版「EAM?UK500」を発売した。価格は2万6250円。

同製品は、パソコンの不正使用を防止するためのUSB認証キー。USBポートから認証キーを抜き取ると、画面がスクリーンセーバに切り変わり、マウスやキーボードなどの操作をロックできる。

今回発売された多機能版では、データ、画像、動画など、パソコン内に保存してあるあらゆる種類のファイルを暗号化できるようになった。そのため、第三者によるパソコン内のデータの改ざんや盗難を防ぐことができるという。

また、キーを差し込まないと外部メディアにアクセスできないようにする「外部メディアへのアクセス禁止機能」や、IDおよびパスワードをキーに保存して必要な時に呼び出せる「パスワードメモリー機能」も備えている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか