Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、PCの不正使用を防止するUSBキーの多機能版を発売

コクヨS&Tは、パソコンの不正使用を防止するUSB認証キー「FILSAFER KEY」の多機能版「EAM?UK500」を発売した。価格は2万6250円。

同製品は、パソコンの不正使用を防止するためのUSB認証キー。USBポートから認証キーを抜き取ると、画面がスクリーンセーバに切り変わり、マウスやキーボードなどの操作をロックできる。

今回発売された多機能版では、データ、画像、動画など、パソコン内に保存してあるあらゆる種類のファイルを暗号化できるようになった。そのため、第三者によるパソコン内のデータの改ざんや盗難を防ぐことができるという。

また、キーを差し込まないと外部メディアにアクセスできないようにする「外部メディアへのアクセス禁止機能」や、IDおよびパスワードをキーに保存して必要な時に呼び出せる「パスワードメモリー機能」も備えている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査