Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5人に1人がPCからの個人情報漏洩について未対策 - ガートナー調査

ガートナージャパンは、PC内における個人情報の取り扱いに関する調査を実施し、結果を公表した。同社の固定パネル約1600人に対し、1月下旬にウェブ上で実施したもの。有効回答数は643だった

同社によれば、企業内のPC利用者において53.8%が顧客リストなど何らかの個人情報をPC内に記録していることがわかった。それら情報については、ほとんどの回答者が暗号化やパスワードなど適切な措置をとっているものの、操作ミスといった漏洩事故と隣り合わせにあるという。PCに「個人情報を入れていない」と回答した人は41.0%でした。

また、業務内容により保有する率が変化し、営業、販売、サービス部門については、73.4%の人が個人情報を個人利用PC内に保有していた。

漏洩対策については、52.8%が「暗号やパスワードで保護」しているとし、さらに20.8%が「そのほか慎重に適切な管理手法を実行」していると回答している。一方で、21.5%が「危険を感じているので対策を講じたい」としており、約5人に1人が未対応であることがわかった。

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス