Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、フレッツユーザー向けのセキュリティサービスを開始

西日本電信電話は、Bフレッツおよびフレッツ・ADSLのユーザーを対象に、インターネットにおけるセキュリティ対策を実現するサービス「フレッツ・セーフティ」の提供を開始した。

同サービスは、フレッツ・セーフティ対応のブロードバンドルータを設置することにより、セキュリティソフトのインストールなしでコンピュータウイルスの検出、駆除や不正アクセス対策を実現するもの。パターンファイルの更新もオンラインで自動的に行われる。また、使用期限の更新も不要。月額利用料は、PC1台で315円。

同サービスの利用にはフレッツ・セーフティ対応機器が必要。機器の月額レンタル料金は、フレッツ・セーフティ対応ブロードバンドルータで399円。IP電話対応機能が付いたものは、630円となっている。なお、4月30日までに同サービスまたは機器のレンタル利用を新規に申し込むと、利用料金またはレンタル料が2カ月間無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2005/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県