Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ホットライン」でフォントを無許諾公開 - 会社員男性が逮捕

福岡県警は、2月23日に無料通信ソフト「ホットライン」を使い、フォントプログラムを無許諾でアップロードしていた神戸市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によれば、男性は、2004年6月、すでに検挙されている大阪市の男性と共謀して、フォントワークスジャパンが著作権を持つフォントプログラムを、「ホットライン」によって公開されるハードディスクの領域に保存してインターネット上に公開。また同様の方法で、別の男性と共謀して同社のほかのフォントプログラムを配布していた。

同協会の調査によれば、逮捕された男性が管理、運営していた「ホットライン」サーバには、販売価格に換算できるものだけでも約1億1000万円相当、3280ファイルものプログラムがアップロードされており、男性からIDとパスワードを取得すればダウンロードできるようになっていたという。

(Security NEXT - 2005/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性