Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報保護は会社の信頼性に関わる」78.8% - リクルートスタッフィング調査

リクルートスタッフィングは、派遣社員を活用する中小企業の経営者を対象に「個人情報保護法と派遣社員採用の意識調査」を実施、結果を公表した。1月29日から1月31日までにインターネット上で実施し、有効回答数は368だった。

調査によれば、4月の個人情報保護法の施行において「不安を感じている」との回答が62.2%だったという。不安の理由としては、「個人情報保護法の具体的な内容を知らない(51.1%)」や「具体的な社内対策が出来ていない(48.5%)」など準備不足が上位を占めた。

個人情報のイメージとして「会社の信頼性に関わる」との回答が78.8%の認識が高い一方で、知識不足から「現在、派遣社員に対して個人情報保護法に関する教育をしていない、もしくは、これから行う予定がない」との回答も61.1%に上る。

派遣社員を活用している中小企業の経営者の中で「派遣社員の活用上、個人情報保護法の対策に不安を感じる」は72.3%に達している。「個人情報保護法に違反する行為の定義」「個人情報データベースの管理対策」「個人情報の定義」「派遣社員・アルバイトを含めた全従業員への教育法」など、具体的な対応策を知りたいという声が多かった。

(Security NEXT - 2005/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用