Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsやOffice、IEなどに12件の脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windowsをはじめ、OfficeやInternet Explorerなどに合わせて12件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。深刻度は、最も危険な「緊急」が8件、次に危険な「重要」が3件、「警告」が1件となっている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページを見たりメールに記載されたリンクをクリックしただけで、コンピューター内のファイルが読み取られるなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが多数含まれている。

同社では、Windows UpdateやOffice Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナカードの申請者情報含む帳票を誤って手渡すミス - 練馬区
ランサム被害が前年比約1.5倍 - バックアップ取得も復元に難あり
ランサムウェア「LockBit 3.0」の詳細情報を公開、注意を喚起 - 米政府
「Apache Sling Resource Merger」にサービス拒否の脆弱性
米政府、重要インフラ向けの「CPGs」をアップデート
取材情報含むパソコンを紛失、飲酒後に - 時事通信社
休眠預金の一部印鑑票が所在不明に - みなと銀
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
PDF生成に用いられるPHPライブラリに深刻な脆弱性