Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、個人情報管理ソフトの新バージョンを発売

日本ヒューレット・パッカードは、業務アプリケーションにおける個人情報を安全に管理するソフトウェアの新バージョン「HP IceWall Identity Manager3.0」を、2005年2月16日より発売する。

同ソフトは、大規模システム環境の個人情報をウェブベースで安全且つ効率的に管理するもの。アプリケーションのユーザーアカウントとそれに付随する情報をブラウザ上で管理し、個人情報の登録、変更作業や、パスワードの生成および通知などの作業を効率化する。

今回発売される新バージョンでは、アプリケーション構造をフレームワーク化することで、ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズが可能になった。これにより、多様なアプリケーションの個人情報が一元管理できる。希望小売価格は、5000ユーザーライセンスで252万円。

(Security NEXT - 2005/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を