Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモートメンテナンス操作の記録により情報漏洩を抑止 - エンカレッジ・テクノロジ

エンカレッジ・テクノロジは、外部委託者によるリモート・メンテナンス操作を記録し、情報漏洩を抑止するソフトウェア「Remote Access Auditor」を、1月下旬より発売する。

同ソフトは、リモートでアクセスした時のネットワークの入り口に設置することにより、リモート・メンテナンスの際に行われたすべての操作内容を、画面操作も含めて克明に記録するもの。

保存された操作記録の中から疑わしい操作が見つかった場合、前後の画面操作を動画像で再現することができる。そのため、万一情報漏洩が発生した場合、速やかに漏洩経路の特定が行えるという。価格は、1ライセンス当たり120万円から(税別)。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター