Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモートメンテナンス操作の記録により情報漏洩を抑止 - エンカレッジ・テクノロジ

エンカレッジ・テクノロジは、外部委託者によるリモート・メンテナンス操作を記録し、情報漏洩を抑止するソフトウェア「Remote Access Auditor」を、1月下旬より発売する。

同ソフトは、リモートでアクセスした時のネットワークの入り口に設置することにより、リモート・メンテナンスの際に行われたすべての操作内容を、画面操作も含めて克明に記録するもの。

保存された操作記録の中から疑わしい操作が見つかった場合、前後の画面操作を動画像で再現することができる。そのため、万一情報漏洩が発生した場合、速やかに漏洩経路の特定が行えるという。価格は、1ライセンス当たり120万円から(税別)。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も