Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアの認知度は50%以下 - インターネットコム調査

インターネットコムとインフォプラントは、スパイウェアに関する意識調査を実施し、結果を発表した。43.6%で前回調査の36%から約8%上昇したという。

一方、「Web ページなどで見たこともなかったし、知らなかった」と回答したユーザーは41.3%と前回より減少しているものの、依然高い数値を示している。スパイウェアを認知し、実際に対応しているとの回答は27.3%と全体の4分の1強にとどまっている。

(Security NEXT - 2005/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口