Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポーラ化粧品、ホームページへの不正アクセスおよびPC盗難による顧客情報流出の可能性

ポーラ化粧品本舗は、同社ホームページへの不正アクセスおよび営業所の業務用PC盗難によって、顧客情報が流出した可能性があると発表した。

同社によれば、何者かがホームページに不正アクセスし、顧客情報の一部を閲覧した形跡が見つかったという。その後の詳細な調査により、不正アクセスを受けたのは5万8254件の個人情報で、氏名、生年月日、メールアドレス、住所、電話番号、職業などが含まれる。

また2005年1月17日には、同社が販売を委託している営業所において、業務用のパソコンが盗難被害に遭った。パソコンには氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどを含む838名分の顧客情報が保存されていたという。

同社では被害に遭った顧客全員に謝罪し、報告を行った。また、ホームページの脆弱性の解消や、営業所の業務用管理パソコンに盗難防止用のセキュリティワイヤーを設置など、それぞれの事件に対応した防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要