Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーフロンティア、「ウイルスキラー2005」3タイトルを発売

イーフロンティアは、トータルセキュリティソフトウェア「ウイルスキラーシリーズ」の新バージョンとして、3タイトルを2005年2月11日より発売する。価格はすべて1980円。

今回発売されるのは、「eプライスシリーズ ウイルスキラー2005」、「eプライスシリーズ ウイルスキラー北斗の拳2005」、「eプライスシリーズ ういるすきらぁハローキティ2005」の3タイトル。

「ウイルスキラー」は、コンピュータウイルスおよび不正アクセスの検出、対策、復旧、予防という一連の作業を、1つのパッケージで実現したトータルセキュリティソフトウェア。新バージョンには、プログラムによるレジストリの書き換えを監視し、ウイルスの被害からシステム情報を守る「レジストリ監視」機能がくわわった。

また、スパムメールを自動的に判別する「スパムメールフィルタ」や、ウイルスに感染したPCを隔離する「ネットワークブラックリスト」といった機能もあらたに装備された。なお、新バージョンの発売を記念して、「ウイルスキラー2005 初回購入全額返しますキャンペーン」を全国家電量販店で実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響