Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーフロンティア、「ウイルスキラー2005」3タイトルを発売

イーフロンティアは、トータルセキュリティソフトウェア「ウイルスキラーシリーズ」の新バージョンとして、3タイトルを2005年2月11日より発売する。価格はすべて1980円。

今回発売されるのは、「eプライスシリーズ ウイルスキラー2005」、「eプライスシリーズ ウイルスキラー北斗の拳2005」、「eプライスシリーズ ういるすきらぁハローキティ2005」の3タイトル。

「ウイルスキラー」は、コンピュータウイルスおよび不正アクセスの検出、対策、復旧、予防という一連の作業を、1つのパッケージで実現したトータルセキュリティソフトウェア。新バージョンには、プログラムによるレジストリの書き換えを監視し、ウイルスの被害からシステム情報を守る「レジストリ監視」機能がくわわった。

また、スパムメールを自動的に判別する「スパムメールフィルタ」や、ウイルスに感染したPCを隔離する「ネットワークブラックリスト」といった機能もあらたに装備された。なお、新バージョンの発売を記念して、「ウイルスキラー2005 初回購入全額返しますキャンペーン」を全国家電量販店で実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性