Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷、RFID技術を利用した機密情報管理システムを発売

凸版印刷は、PCやサーバ、物理的なファイルなどに保存されている機密情報を、総合的に管理できる「ICタグ対応オフィス文書管理キャビネットシステム」を発売した。同社が2004年5月から開始した「個人情報保護の総合支援サービス」の1つとして提供される。

同システムは、リーダ、ライタ内蔵キャビネットでICタグ貼付の書類ファイルなどを管理するとともに、ICカードでキャビネットを施錠、解錠することにより個人情報などの機密情報を保護する。

ファイルの貸し出しおよび返却時の「誰が」「いつ」「何を」といった情報を、完全自動記録ならびに検索することが可能。また、必要な書類ファイルの検索が端末によって自動で行える。既存キャビネットへの組み込みも可能。価格は、キャビネット5連が約500万円(参考価格)。

(Security NEXT - 2005/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信