Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォン、一部機種の不具合をアナウンス

ボーダフォンは、東芝製端末「V601T」「V602T」の不具合が発覚したとして、回避方法をアナウンスしている。

両機種は、ソフトの不具合により1月30日を迎えると、1月30日および31日の2日間のみキー操作や発着信などが行えなくなるという。待ち受け画面機能「待ち受けくーまん」を同日に起動している場合、不具合が発生する。同ソフトを停止しておけば、不具合は発生しないという。

同社では、該当機種のユーザーに対し、メールにてアナウンスを行う。また、修理対応についても準備が整い次第、ホームページやダイレクトメールにて告知する予定。

リリース
http://www.vodafone.jp/japanese/release/2005/050114-1.pdf

ボーダフォン
http://www.vodafone.jp/

(Security NEXT - 2005/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス