Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育者の情報モラルを診断 - ネクストエデュケーションシンク

ネクストエデュケーションシンクは、教育者の「情報モラル」をセルフチェックするサービス「教育者のための情報モラル」の提供を開始した。

同サービスは、教育者の「情報モラル」をより客観的にセルフチェックすることを目的とした、オンライン型テストを提供するもの。診断分野は、「情報モラル全般」、「著作権一般」、「プライバシー」、「コンピュータセキュリティ」などを含む10の分野に分かれている。設問は、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が最新の事例に即して独自に作成したものを使用。

実際の診断の際には、それぞれのカテゴリーから計50問がランダムに出題され、45分間で本格的なセルフチェックができる。終了後には、不足しているスキルを補うための研修やeラーニングコース、書籍などを同社が独自に案内。より効率的な学習を支援する。

価格は、スキルチェックに問題の解答および解説が付いて3990円。スキルチェックのみのサービスもある。

(Security NEXT - 2004/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース