Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岐阜県の複数市役所で個人情報が記録された用紙を再利用 - 中日新聞調査

岐阜県内の四市で個人情報が記載された用紙をメモや印刷の試し刷りなどに再利用していたことが、中日新聞の取材により明らかになった。

同紙は、多治見市で個人情報が記録された用紙がメモなどに転用された事故の発生を受け、岐阜県内の20市を対象に取材を実施。その結果、多治見市、高山市、美嚢加茂市、土岐市の4市で個人情報を記録した用紙を、何らかの形で再利用していたことが明らかになったという。いずれの市も再利用を中止、あるいは中止を検討するという。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ