Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、WinnyやSkypeをブロックするファイアウォールを発売

ネットエージェントは、WinnyやSkype、ワームの侵入といった業務上不適切な通信をブロックするファイアウォール「One Point Wall」の新バージョンを、12月17日より発売する。

同製品は、WinnyやSoftEtherの通信、2ちゃんねるの書込みなどをブロックする「One Point Wall ファミリー」に、インスタントメッセンジャーやSkype、ワームの侵入といった業務上不正な通信の防止機能を追加したもの。

従来製品は、Winnyや2ちゃんねるへの書込みなど、ひとつの目的をひとつの製品によって実現していた。同製品では、そういった単機能の製品を統合し、ブロック対象を拡充して多様な通信を阻止することが可能になった。

同製品の導入により、違法行為や情報漏洩を抑止できるほか、行き過ぎた私的利用や許可外の通信をブロックできるとしている。価格は、30デバイスで9万8000円、100デバイスで19万8000円。次年度以降1年間の継続ライセンスは、30デバイスで6万1740円、100デバイスで11万8800円となっている。

(Security NEXT - 2004/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料