Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、電子証明書への理解と利用促進に向けたキャンペーンを実施

日本ベリサインは、2004年12月10日から2005年2月28日まで、電子証明書に対する理解と利用の促進を目的とした企業向けキャンペーン「セキュアメールキャンペーン」を、ジャストシステムの協賛により実施する。

同キャンペーンは、なりすましへの有効な対策である電子署名や、メールの暗号化による重要情報の安全な送信といった、電子証明書を利用したメールの有効性に対する理解と、利用の促進を目的として行われる。

キャンペーンサイトにて簡単なアンケートに答えるだけで、3カ月間有効な「個人用電子証明書(トライアル版)」の取得ができる。この取得した電子証明書と、標準規格のメールソフトを利用することで、メールへの電子署名、メールの暗号化といったセキュリティ機能を実際に体験することができる。

また先着3000社に、ジャストシステムのメールソフト「Shuriken Pro3 /R.2(評価版)」を提供する。

(Security NEXT - 2004/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分