Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、電子証明書への理解と利用促進に向けたキャンペーンを実施

日本ベリサインは、2004年12月10日から2005年2月28日まで、電子証明書に対する理解と利用の促進を目的とした企業向けキャンペーン「セキュアメールキャンペーン」を、ジャストシステムの協賛により実施する。

同キャンペーンは、なりすましへの有効な対策である電子署名や、メールの暗号化による重要情報の安全な送信といった、電子証明書を利用したメールの有効性に対する理解と、利用の促進を目的として行われる。

キャンペーンサイトにて簡単なアンケートに答えるだけで、3カ月間有効な「個人用電子証明書(トライアル版)」の取得ができる。この取得した電子証明書と、標準規格のメールソフトを利用することで、メールへの電子署名、メールの暗号化といったセキュリティ機能を実際に体験することができる。

また先着3000社に、ジャストシステムのメールソフト「Shuriken Pro3 /R.2(評価版)」を提供する。

(Security NEXT - 2004/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ