Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、クライアント側でフィッシング詐欺を防ぐソリューションを発表

セキュアブレインは、クライアントPCからウェブサーバの安全性を確認することでフィッシング詐欺を未然に防ぐソリューション「PhishWall」を発表した。2005年3月中旬から発売予定。

同製品は、従来のフィッシング詐欺対策製品とは異なり、クライアント側からウェブサーバの真正を確認する防御ソリューション。

さまざまなフィッシングテクニックに対応できる「Webポイントアクセス認証」技術をサポート。サーバの真正をユーザーのブラウザ上で判断できる。アクセスしているサイトが安全な場合は「青信号」が、フィッシング目的のサイトの場合は「赤信号」が表示される。

販売方法は、ユーザー数により年間使用料を支払うライセンス販売を予定している。価格は、5万ユーザーを持つサイトの場合、1ユーザー当たり月額50円、年額600円の予定。

(Security NEXT - 2004/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
文学館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 埼玉県
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス - 新潟県
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件