Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPAN」を偽装したフィッシングメールに注意

ヤフーは、「Yahoo!JAPAN」を騙ってユーザーのID、パスワード、クレジットカード番号などを詐取しようとするフィッシングメールが報告されたとして、注意を呼びかけている。

同フィッシングメールは、「有料コンテンツご利用停止に関するお知らせ」および「Yahoo!ユーザアカウント継続手続き申請書」というタイトルで、Yahoo!JAPANユーザーへ送られている。

同メールは、ユーザーが現在利用中のサービスを停止したことを知らせて、その確認や継続手続きの名目でID、パスワード、およびクレジットカード番号などを、同社を騙った悪質なウェブページへ入力させようとする。

同社では、IDやパスワードを入力してしまった場合はその変更を、またクレジットカード番号を入力してしまった場合は、利用しているカード会社の相談窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定