Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、データを暗号化して配送する個人情報配送ソリューションを発売

沖電気工業は、データを秘密分散法により分割、暗号化して配送する個人情報配送ソリューション「eすぷりっと便」を発売した。

同製品は、個人情報を秘密分散法により暗号化して分割し、異なる経路で相手先企業へ配送するというもの。配送中にメディアの紛失や盗難に遭った場合でも、必要な数の分割データを集めなければ情報の解読はできないため、配送経路上における情報漏洩を防ぐことができる。

分割データの配送経路としては、メディアとウェブ、電子メールとウェブ、メディアと電子メールといった組合せの選択ができる。また、配送する情報の内容は問わない。

価格は、データの分割、復元機能をPC端末上のGUIで提供するエントリーモデルの場合、50ユーザーで250万円から。データを好みの方法で自動分割、自動配信するほか、配信記録や配信データ管理などの運用管理機能を提供するスタンダードモデルの場合、100ユーザーで650万円から。

(Security NEXT - 2004/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場