Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、データを暗号化して配送する個人情報配送ソリューションを発売

沖電気工業は、データを秘密分散法により分割、暗号化して配送する個人情報配送ソリューション「eすぷりっと便」を発売した。

同製品は、個人情報を秘密分散法により暗号化して分割し、異なる経路で相手先企業へ配送するというもの。配送中にメディアの紛失や盗難に遭った場合でも、必要な数の分割データを集めなければ情報の解読はできないため、配送経路上における情報漏洩を防ぐことができる。

分割データの配送経路としては、メディアとウェブ、電子メールとウェブ、メディアと電子メールといった組合せの選択ができる。また、配送する情報の内容は問わない。

価格は、データの分割、復元機能をPC端末上のGUIで提供するエントリーモデルの場合、50ユーザーで250万円から。データを好みの方法で自動分割、自動配信するほか、配信記録や配信データ管理などの運用管理機能を提供するスタンダードモデルの場合、100ユーザーで650万円から。

(Security NEXT - 2004/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性