Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、ワームBagleの亜種「W32/Bagle.bd@MM」に警告

マカフィーは、ワーム「Bagle」の亜種である「W32/Bagle.bd@MM」の感染拡大に伴い、注意を呼びかけている。

同ワームは、従来のBagle亜種と異なる大きな特徴はなく、添付ファイルを開くことにより感染する。感染すると、自身のコピーをWindowsのシステムフォルダの中に作成する。また、独自のSMTPエンジンにより、感染マシンからメールアドレスを抽出し、大量メールを送信する。

メールの差出人は、他人の名前による「なりすまし」で、件名は、件名なしか、「Hello、Thank you!、Thanks : ) 、Hi」など。同ワームは米国日付10月29日に発見されたが、感染拡大に伴い、同社では危険度を「中」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC