Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、ワームBagleの亜種「W32/Bagle.bd@MM」に警告

マカフィーは、ワーム「Bagle」の亜種である「W32/Bagle.bd@MM」の感染拡大に伴い、注意を呼びかけている。

同ワームは、従来のBagle亜種と異なる大きな特徴はなく、添付ファイルを開くことにより感染する。感染すると、自身のコピーをWindowsのシステムフォルダの中に作成する。また、独自のSMTPエンジンにより、感染マシンからメールアドレスを抽出し、大量メールを送信する。

メールの差出人は、他人の名前による「なりすまし」で、件名は、件名なしか、「Hello、Thank you!、Thanks : ) 、Hi」など。同ワームは米国日付10月29日に発見されたが、感染拡大に伴い、同社では危険度を「中」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者