Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンシステムソリューションズ、定義ファイルに依存せず脅威を排除するウイルスソフトを発売

キヤノンシステムソリューションズは、ウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」の最新バージョンの提供を開始した。パッケージ版は11月12日より発売する。

最新版では、ウイルス定義ファイルに依存せず企業ネットワークやインターネット、一般的なアプリケーションに潜む未知のウイルスやスパイウェアから防御できる。

また、HTTPスキャン機能により、Win32ワームやトロイの木馬などのインターネットにおける脅威から端末を保護する。先進のヒューリスティック技術を用いて実現したという。

既存ユーザーは、自動更新サービスにより、最新版のプログラムを提供する。コンポーネントアップデートとして提供され、更新期間内は無償でサービスを受けることができる。

(Security NEXT - 2004/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック