Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、@niftyメールの転送に一部遅延

ニフティは、@niftyのメールサービスにおいて、 8月14日から10月15日の間、一部のメールが正しく転送されない障害が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、メールが転送用のサーバに送られる際、何らかのエラーが発生すると、メールは再送待ちとなり、一定時間ごとに再送処理が行われるという。しかし今回の障害により、再送処理が正常に行われなかったため、一部のメールが長期間滞留したままとなった。

同社では、影響のあったユーザーに対してお詫びと経緯説明のメールを送るとともに、滞留していたメールを送信した。また、今後は再送待ちメールの滞留状況に関する異常を検知できるよう、システムの監視を強化したとしている。

(Security NEXT - 2004/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件