Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューションを発売

日立製作所 情報・通信グループは、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューション「電子割符データエスクロー」を、10月21日より発売する。

同製品は、データファイル自体を暗号化し保存する従来の方法ではなく、秘密分散法と呼ばれる電子情報を任意に分割、統合する数学的理論を適用した保存方法を採用している。

データファイルだけでなく、システムファイルを除くプログラム、ファイル、データベースを保存したフォルダまでを対象とし、それらをPCのローカルフォルダ、専用USBフラッシュメモリ、およびLAN接続された「電子割符データエスクロー」の管理サーバの3カ所に、物理的に分割して保存する。

復元には2つ以上の割符が必要なため、PCの盗難や専用USBフラッシュメモリの紛失があっても、重要な情報の漏洩を防止することができる。

また、出張時や自宅からでもPCを持ち歩かずに資料を閲覧できる「一時預かり機能」や、特定した個人のみに閲覧を許可する「指名公開機能」なども提供される。価格は、電子割符一時預り機能のみのベーシックシステムで40万円から。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性