Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本テレコム、社内LANセキュリティサービスを提供開始

日本テレコムは、企業イントラネットを対象にしたセキュリティサービス「SecureLANs」の第1弾として、「検疫ネットワークソリューション」の提供を11月1日より開始する。

同サービスは、同社のネットワークサービス利用者を対象に、セキュリティポリシーに適合する端末だけを社内LANに接続させるというもの。ウイルス対策が不十分な端末の接続を防止する「隔離」機能や、誰が接続しようとしているのか確認する「認証」機能などを提供する。

また、「検疫」機能による端末のセキュリティチェックや、その結果、セキュリティポリシーに適合していない端末の更新を促す「治療」機能なども提供される。

価格は、センター側サーバ料金が月額28万円から。拠点側機器料金が月額3万円から。10拠点、1000端末程度の一般的な構成で、工事費用約200万円、月額費用 約100万円程度となる。

(Security NEXT - 2004/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性