Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、同協会を詐称する架空請求に注意喚起

インターネット協会は、同協会の委託先と詐称し、教材を販売する詐欺的商法や、架空請求が行われているとして、警告を発している。

同協会によれば、在宅ワークの指導料や、検定合格情報の提供など、同協会からの委託と偽り勧誘が行われるケースが多いという。また、内職商法の被害者などに対し、「同協会が払い戻しを行う」と偽り、金銭の支払いを求める「架空請求」などが報告されているという。

いずれも電話やパンフレットなどしつこい勧誘が行われているとし、同協会では、不審な勧誘への注意を促している。また、業者の情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ