Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、同協会を詐称する架空請求に注意喚起

インターネット協会は、同協会の委託先と詐称し、教材を販売する詐欺的商法や、架空請求が行われているとして、警告を発している。

同協会によれば、在宅ワークの指導料や、検定合格情報の提供など、同協会からの委託と偽り勧誘が行われるケースが多いという。また、内職商法の被害者などに対し、「同協会が払い戻しを行う」と偽り、金銭の支払いを求める「架空請求」などが報告されているという。

いずれも電話やパンフレットなどしつこい勧誘が行われているとし、同協会では、不審な勧誘への注意を促している。また、業者の情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア