Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都道府県サイトの半数が個人情報保護対策の記載なし - サイトリスク協議会調査

日本ブランド戦略研究所、メンバーズ、三和コムテックで構成されるサイトリスク協議会は、47都道府県のウェブサイトのランキングを発表した。半数以上のサイトに個人情報保護対策に関する記述がなかったり内容に不備があったという。

サイトリスク協議会発足後、第1回目となる調査結果。クオリティ、プライバシー、アクセシビリティの観点からウェブサイトが評価された。個人情報対策を持つのか明確に提示していないサイトが半数以上を占めた。また、個人情報保護法の各条項に適合していないページもあったという。総合ランクのトップは東京都だった。一方、ワースト1は埼玉県だった。

(Security NEXT - 2004/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT