Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都道府県サイトの半数が個人情報保護対策の記載なし - サイトリスク協議会調査

日本ブランド戦略研究所、メンバーズ、三和コムテックで構成されるサイトリスク協議会は、47都道府県のウェブサイトのランキングを発表した。半数以上のサイトに個人情報保護対策に関する記述がなかったり内容に不備があったという。

サイトリスク協議会発足後、第1回目となる調査結果。クオリティ、プライバシー、アクセシビリティの観点からウェブサイトが評価された。個人情報対策を持つのか明確に提示していないサイトが半数以上を占めた。また、個人情報保護法の各条項に適合していないページもあったという。総合ランクのトップは東京都だった。一方、ワースト1は埼玉県だった。

(Security NEXT - 2004/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト