Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、8月の「月間ウイルストップ10」を発表

ソフォスは、2004年8月におけるコンピューターウイルスの報告数をまとめた「月間ウイルストップ10」を発表した。

8月のトップ10に入ったすべてのウイルスは、ここ何カ月かずっと変わっていない。特にメール型ワーム「Zafi-B」は、先月と比べると10%ほど減少しているものの、全体の47.4%という高い割合を占め、3カ月連続で1位を維持している。

同社では、8月に1230の新規ウイルスを検知、駆除対応した。これは、2001年12月以来、最高の数値になるという。また同社の統計では、8月に使用されたメールのうち9.3%以上がウイルスメールであるという結果になっている。

また、Netskyの亜種数種も、ワーム作者とされる人物の逮捕が数カ月前にあったにもかかわらず、いまだにトップ10に入っている。

(Security NEXT - 2004/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁