Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、8月の「月間ウイルストップ10」を発表

ソフォスは、2004年8月におけるコンピューターウイルスの報告数をまとめた「月間ウイルストップ10」を発表した。

8月のトップ10に入ったすべてのウイルスは、ここ何カ月かずっと変わっていない。特にメール型ワーム「Zafi-B」は、先月と比べると10%ほど減少しているものの、全体の47.4%という高い割合を占め、3カ月連続で1位を維持している。

同社では、8月に1230の新規ウイルスを検知、駆除対応した。これは、2001年12月以来、最高の数値になるという。また同社の統計では、8月に使用されたメールのうち9.3%以上がウイルスメールであるという結果になっている。

また、Netskyの亜種数種も、ワーム作者とされる人物の逮捕が数カ月前にあったにもかかわらず、いまだにトップ10に入っている。

(Security NEXT - 2004/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正