Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アッカの個人情報漏洩被害は34万人

アッカ・ネットワークスは、3月に発覚した個人情報漏洩事故における被害者数を発表した。

同社は、2004年3月に201名の顧客情報流出を確認し、その後調査を実施している。今回の調査により同社では、201名の情報を含む合計33万9177名分の顧客情報の社外への流出していたことを確認したという。

今回の調査は、警察が入手した33万9177名分の個人情報の照会を受け、内容を分析したもの。同社では、警察が提示した情報と保有する顧客情報が一致することを確認したという。含まれる個人情報は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、申込時連絡用メールアドレス。

同社は被害者に対し、提携ISP各社と連携の上、対応する予定。また、ユーザー自身が漏洩しているかどうかを確認できるウェブサイトを公開するほか、電話でも確認に応じる。

(Security NEXT - 2004/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下