Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁、7月度インターネット治安情勢を公開

警視庁は、2004年7月度のインターネット治安情勢を公開した。

全国の警察施設に対し、インターネット経由で攻撃された状況をPDFファイルにて閲覧できる。先月同様、135、445番ポートへの攻撃は高水準で、同庁ではワームの感染活動が活性化したためと推測している。

また、侵入検知システムによるアラーと数は若干減少した。SQL Slammerによる検知件数に大きな変化は見られないものの、Traceroute検出による不正アクセス検知数が大幅に増加しているという。

(Security NEXT - 2004/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正