Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテックのNorton Internet Securityに脆弱性

シマンテックは、同社のセキュリティ製品「Norton Internet Security」に深刻なサービス拒否の脆弱性があると発表した。攻撃者がこの脆弱性を元に攻撃した場合、システムが動作不能に陥る可能性があるという。

攻撃者は、脆弱性に対し、特別に細工した TCP パケット攻撃を仕掛けることにより、完全に稼動停止に陥れることが可能。問題が発生した場合は、システムを再起動しないと解決できない。

影響を受けるコンポーネントは以下の通り。シマンテックでは、修正パッチを開発し、LiveUpdate および テクニカルサポートを通じて配布している。

Symantec Norton Internet Security/ Professional 2003, 2004
Symantec Norton Personal Firewall 2003, 2004
Symantec Client Firewall 5.01, 5.1.1 (英語版にのみ)
Symantec Client Security 1.0, 1.1 (英語版にのみ)

(Security NEXT - 2004/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も