Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンピュータを乗っ取られる可能性 - Windows

マイクロソフトは、Windowsに悪意あるコードをネットワーク経由で実行される不具合があるとし、修正ファイルの配布を開始した。

Windows RPC/DCOMに脆弱性が発見されたもので、対象バージョンは、「Microsoft Windows NT Workstation 4.0」「同NT Server 4.0」「同NT Server 4.0, Terminal Server Edition」「同2000」「同XP」「同Server 2003」。

(Security NEXT - 2004/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正