Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税通知書により個人情報が流出 - 仙台市

仙台市が、2004年度の固定資産税納税通知書を製本する際、誤った内容の通知書34通を作成、市内の納税者に発送していたことが明らかになった。

システムを再稼働した際にズレが発生したために起きた事故で、7日に宮城野区役所が納税者に発送していた。9日に納税者から「自分の資産ではない記載がある」と連絡があり、ミスが発覚した。仙台市は、誤って送付した納税者全員に連絡し、回収、正規の通知書を交付している。

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開