Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、「マネージドセキュリティサービス(MSS)選定ガイドライン Ver.2.0」を公開した。

同ガイドラインは、セキュリティ対策など運用管理を外部事業者へ委託する「マネージドセキュリティサービス」を選定する際の必須要件や、事前に検討すべきポイントについて解説したもの。2010年8月に初版を公開しているが、内容を全面的に刷新し、「同Ver.2.0」として公開した。

同ガイドラインでは、プロバイダを選定する際に参考となるよう、マネージドセキュリティサービスの機能や提供形態について解説。

「マネージドセキュリティサービス」に関する概要をはじめ導入企画時に検討すべき点や、導入パターン、平時やインシデント時の運用に関して解説。運用フェーズにおけるケーススタディなども収録している。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の実践状況チェックツール
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集