Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意

BTCボックスが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「BTCBOX」を装ったフィッシング攻撃の報告を受けているとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシング攻撃では、「BTCBOX緊急問題」といった件名でメールが送信されており、アカウントで異常ログインが行われたなどと不安を煽り、安全認証などと称してフィッシングサイトへ誘導していた。

メールでは、「他端末でアカウントが使用されようとしている」といった警告メッセージが届いた場合も、無視して作業を進めるよう求めていた。また8時から15時までに作業を行うよう求めており、攻撃者が待機している時間帯の可能性がある。

誘導先のフィッシングサイトでは、メールの記載が「メ-ル」となっているなど不自然な記述も一部見られた。

7月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に