Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ

2018年度の詳しい状況を見ると、「セキュリティツール市場」は6416億円で、「情報セキュリティ市場」の58.7%を占める。前年度の5674億円から13.1%増加した。

内訳を見ると、「コンテンツセキュリティ対策製品」が26.6%、「エンドポイント保護管理製品」が26.5%、「ネットワーク防御および検知、境界線防御製品」が26.2%、「アイデンティティ、アクセス管理製品」が20.7%。

成長率が高かったのが「ネットワーク防御および検知、境界性防御製品」で15.7%増と堅調だった。

一方、「情報セキュリティ市場」の41.3%にあたる「セキュリティサービス市場」は4511億円で、前年度の4038億円から11.7%の増加。

内訳は、「マネージド、運用サービス」が44.0%、「コンサルティング、診断サービス」が36.7%、「周辺サービス」が19.2%。もっとも成長率が高かったのは「コンサルティング、診断サービス」で16.6%増となった。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増