Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks

シーディーネットワークス・ジャパンは、同社CDNプラットフォームの利用者向けに提供しているウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)サービスをリニューアルし、新サービスとして提供開始した。

既存のCDNプラットフォームに組み込まれたWAFサービスをリニューアルしたもので、新サービス「アプリケーション・シールド」として提供する。

新サービスでは、WAFにnginx向けの「Nginx Anti Xss & Sql Injection(NAXSI)」ベースの対策を採用。さらにDDoS対策機能を標準で搭載したほか、CDNサービスと共通のカスタマーポータルより管理することが可能となった。

またオプションとしてボット防御機能や、セキュリティ診断サービスといったメニューを用意。ログの提供などにも応じる。

(Security NEXT - 2020/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始