Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WatchGuard、Panda Securityの買収を完了

WatchGuard Technologiesは、エンドポイント対策を提供するスペインPanda Securityを買収した。

Panda Securityは、法人やコンシューマー向けのエンドポイント対策や脅威ハンティングサービスなどを展開するスペインのセキュリティベンダー。

両社は3月に買収することで合意。全株式を取得する買収手続きが完了し、Panda Securityは100%子会社としてWatchGuardの傘下に入った。今回の買収により、WatchGuardではポートフォリオを拡充し、WatchGuard Cloudとの連携などを進める。

また買収にあたり、Investing Profit Wiselyが、Vector CapitalとFrancisco Partnersに次いでWatchGuard の株主となった。

(Security NEXT - 2020/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
VMware、Carbon Blackの買収で合意
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化